車を出来るだけ高く売却するには » 車売却時どこをチェックするか

車売却時どこをチェックするか

車を売買する時はさまざまな部分を見て査定金額を提示します。
基本的にはどのような部分が見られるのでしょうか。
まず最初に、車検証や必要書類の確認となります。
書類には車検の残り期間や修復歴、年式やグレードが記載しています。
ここから基本的な見積もり金額を出します。
次に外観チェックです。
外観チェックからはマイナス査定となります。
フロントガラスやヘッドランプ、サイドミラー、車両等をしっかりと確認して、傷やヘコみがないかどうか、傾きがないか、違法改造はないかをチェックして行きます。
次は内装に入ります。
簡単に治せる傷はあまりチェックしませんが、大きな傷はどんどん査定金額にマイナスされていきます。
エンジンやライトのチェックも行います。
ブレーキがしっかりと入るか、エンジンルームはきちんとしているかを調べてから、オーディオやカーナビのオプションもチェックします。
カーナビで査定アップするということはほとんどありませんが、優れた機能であればマイナスにはならないでしょう。
この様に外観や設備をしっかりと確認したうえで査定金額が提示されます。

車の売却代金の受け取り方

いざ自分の車を売るときに頭に上がってくるのが売却料金の受け取り方だと思います。
売却料金とてそこまで安い物ではありません。
多額になりますのでその場で受け取れるのだろうか、とかもしかしたら業者に騙されてしまうかもしれないから即日現金払いで受け取れなければ困ると考える人も中に入るかもしれませんね。
けれどもそういうわけにはいかないというのが現状です。
原則として車の売却金額の支払いは振り込みとなっております。
何故ならお店に多額のお金を置いておくと強盗や泥棒などに摂られてしまう可能性もあるからです。
したがって現金払いはほぼ百パーセントないと言っていいでしょう。
例えば日本一を誇るガリバーや業界二位の地位にずっと君臨しているアップルもやはり現金振り込みです。
また、車のやり取りにはどうしても法律上の書類の審査などが存在してしまいますので最短でも三日はかかると言われています。
したがって即日振込というわけにもいかないでしょう。
ですから不安だったらしっかりと支払日を聞いておいた方がいいかもしれません。
兎に角一つ言えるのは即日現金払いはないということです。

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報